シゴヤメ

仕事を辞めたい人達の相談所

【アパレル】どうやら、私を孤立させ、この場にいられないようにして退職させようと考えていたようです【20代後半】

      2015/08/07

職種:アパレル販売員
年齢:20代後半

私は20歳前半から大手企業スーパーにある、婦人服の販売員の仕事に就いていました。この職種を選んだ理由は「かっこいいから、可愛いから」、そんな薄っぺらい理由でした。

始めたばかりの頃は、何もかもが新鮮で毎日が楽しかったです。お客様にアドバイスすることも苦痛にはなりませんでした。なので、私の個人の売り上げはグングンと伸びていきました。

「もしかしたら、私の天職かもしれない」と考えるほど、浮かれていました。歯車は合わなくなってきたのは、転勤を命じられてからです。今まで勤めていた場所では、チームプレイのように、お客様に洋服を販売していました。

誰かが接客していたら、サポートができる体制をとったり、店頭作りをしたり、助け合いながら売上を伸ばすという流れでした。しかし、新しく勤めることになった場所は全く、やり方が違いました。スタッフ同士でお客様の取り合いを始めたんです。

それには、私も驚きが隠せませんでした。そのお客様も、スタッフのギラギラした雰囲気にひいてしまい、逃げるようにお店を去ってしまったのを覚えています。実際、私が接客してお客様に買っていただけた時は、もう最悪な状況でした。

お客様をお見送りした後は陰口の嵐でした。「なんで、あの子が売れるわけ?」、「転勤して来たばかりなのに、調子に乗るな。」など聞こえるように、悪口を言っていました。

私の性格上、気にしなくても良いかなと捉えられなかったので、かなり落ち込みました。しかし、全く接客をしないというわけにはいきません。

アパレル販売の仕事は殆どが、お客様にコーディネートのアドバイスをするので、やることがなかったら仕事に来ている意味がなくなってしまいます。

最初は、「自分の考えを貫こう。接客してお客様に喜んで頂けたら、幸せだ。」と言い聞かせ、黙々と接客をしていました。もちろん、接客以外の業務もありましたので、ミスをしないように、張り詰めて行動しました。

転勤して3か月、経ちました。しかし、その場所で仲良くなれたスタッフは一人もできずにいました。私以外のスタッフ達には、歪んだ結束力が出来上がっていました。

どうやら、私を孤立させ、この場にいられないようにして退職させようと考えていたようです。私も薄々は気がついていました。挨拶も交わしてくれなかったり、業務的に必要な会話すら適当に流されてしまうので、孤独をヒシヒシと感じていました。

だんだん、接客することも怖くなっていきました。私が行動することの全てが否定されるようになりました。私の我慢の限界は迫っていました。心が悲鳴を上げ始め、鬱状態になってしまいました。

対人恐怖症も発症したため、私は泣く泣く、退社しました。新しい場所に馴染むことって難しいんですね。現在もその時に受けた傷が治らずにいます。人間関係を築くことは、大変難しいことなのだと感じています。

 - 辞めた理由 ,

あなたはこの人の仕事を辞めた理由、辞めたい理由をどう思いますか?率直なご意見を是非お聞かせください。気軽にコメントを書き込んで頂けると幸いです。

Comment

  1. たかし より:

    僕はあなたが頑張っているのをみてとても共感できます
    僕自身も、小さい頃から一目をずっと気にして生きてきていつからか対人恐怖症を患っていました。
    自分の思った通りに行動することが難しくて生きることがこんなに難しいのはあなたのせいなんかじゃありません。一概に誰が悪いなんてことは言えませんが、おそらく今の社会が辛いのに助けを求めたいのに
    助けてと言えない、そういった世の中に問題があるように僕は思います。今僕もアパレルの仕事を始めて
    職場の人たちとうまくコミュニケーションが取れず孤立しながら頑張っていますがいつまで持つかはわかりません。
    だからこそ、僕や、あなたみたいな相手の本質を見て気持ちを汲み取ってあげられる人がこの世には必要なんだと思います。
    長くなりましたが、お互いに
    ありのままで生きられる日が来ることを願っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
【接客】タバコを吸いながらお客様の居る店内を歩き回る【20代前半】

年齢:20代前半 職種:販売接客業 ある建物の中にテナントとして入ることになりま …

no image
【証券】自分の都合に合わない顧客、危険な問題客ばかりを引き継ぎと称してこちらに回してくる先輩【20代後半】

職種:証券業 年齢:20代後半 3年ちょっとやってとにかくボロボロになりました。 …

no image
【エンジニア】3日に一度くらい真夜中から朝方にかけて呼び出されました【30代前半】

職種:ITエンジニア 年齢:30代前半 私が勤めていた企業は、日本大手の保険会社 …

no image
【保育士】自分を守るために自分の味方を作って固まり、そこで愚痴を吐き出したり、多少かばいあったりしていました【20代後半】

職種:保育士 年齢:20代後半 私が仕事を辞めたいと思った理由はたくさんあります …

no image
【ホテル】奥さんは何も知らないのだろうか。男性はみんな不倫をするものなのだろうか。【20代後半】

職種:ホテル業 年齢:20代後半 高校を卒業してからホテルの専門学校に入学し、ホ …

no image
【技術者】私のことを目の敵にして睨みつける、嫌いだという空気の視線を投げかけてくるの毎日【20代前半】

職種:技術職員の契約社員 年齢:20代前半 某役職に就いていた某さんに個人攻撃さ …

no image
【デザイナー】全員なんらかの仕事を抱えているため、分担しようにも出来ません【20代後半】

職種:クリエイティブディレクター 年齢:20代後半 主な理由は次の2つです。 ① …

no image
【営業】一分一秒休む間もなく次々仕事が積み重ねられ【20代後半】

職種:ITソフトウェア外資系企業、営業アシスタント兼内勤営業 年齢:20代後半 …

no image
【金融】あまりにも現実からかけ離れた目標を設定されると逆に諦めがついてしまうもの【20代前半】

職種:営業金融 年齢:20代前半 新卒で入社した某金融会社で新規開拓中心の営業を …

no image
【食品】妊娠したときのために辞表を書いておいてね。女って妊娠すると、すぐ辞めるっていうから。【30代前半】

職種:食品会社勤務 年齢:30代前半 30代に入って直ぐに、今の主人と入籍しまし …