シゴヤメ

仕事を辞めたい人達の相談所

【食品】まるで私一人がミスをしたかのように言ってくる態度には本当に頭にきました【30代後半】

      2015/06/12

職種:食品業界での事務、同じ会社の食品工場での洗浄作業
年齢:30代後半

つい先日、平成27年5月10日付で、退社しました。ここまでの間にも目まぐるしい環境の変化がありました。まず、私は精神障害を患っており、私がこの会社に来たのは、工場で働くためではなく、事務員として働くためで、昨年7月に「実習」という形でここに来ることになりました。ここで私を実習させてくれたのは、障害者のための就労移行支援を行っている会社です。

そのときは、私と後2人の実習生、支援員の4人で行き、紹介してくれた会社の送迎もありましたが、実際に実家から勤務先へ通うにはバスを乗り換えなくてはならず、交通費も26500円ほどかかりました。

しかし、パソコンの勉強をして、事務職に就くことは私の希望でしたし、実習の間も、ワンマン社長の経営する会社で、多少気になることはありましたが、さほど悪いイメージはありませんでした。

それでも通勤が難しいことを考えて悩みましたが、せっかくやりたい職種に就けるのだから、と、紹介してくれた会社の勧めもあり、9月にパートではありますが、正式に採用してもらうことができました。

しかし、冬に向けて通勤が大変になるであろうこと、実家での様々な状況を考え、会社の近くにアパートを借りて一人暮らしをはじめました。

しかし、実際は会社の危機的状況と言えるほどの状態のところに私たちが投入されたようで、過去の遅れを取り戻すのに精いっぱいの状況。

さらには実習中、私たちに作業の指導をしてくれていた会社の先輩が、入力したデータを丸々1か月分消してしまい、そのことを上に話さず放置した状態にされたため、さらに作業が遅れることになりました。

先輩自身のミスなのか、今頃フロッピーディスクのスロットが付いている本体にXPを投入して作業していたので、時々突然シャットダウンすることもあって、そのことも原因なのか、今でもわかりませんが、その消えたデータは、通常なら最低2週間かかるものを、私が1週間で打ち直し、数字だけでも埋まってなくては…と必死に元に戻しました。

しかし、新人以前に実習生である私が、まだどこを見て、何を打ち込んだらいいのかまだ見慣れていない画面を前に、通常の3倍速ぐらいの早さで入力したら、間違いも多くなるものです。

ただし、必死でやってる最中はそれに気づかないもので、それを、月に2回ある書類の締日までに間に合うように、間違いのない正確な資料を作るために印刷をかけてからやっと、間違いに気付くのです。

それをなぜかデータを消した先輩は私に対して「ほら、ここ間違ってるよ」「ここが抜けていたらダメだよね」と、まるで私一人がミスをしたかのように言ってくる態度には本当に頭にきましたが、黙っていました。

しかし、他の実習生たちが抜け、私一人になったら、今まで4人でやっていたことを私一人でこなさなければいけなくなり、伝票の計算、入力、書類作成、すべてを任されることになりました。しかし、毎回社長自身に「まだなの?」と言われるくらい、期日を待ってもらう状態で、

こんなに遅れている原因を、上の人たちは知らないのだから、このまま私一人必死になっていては私一人が責められ続ける・・・。そう思い、社長秘書のような立場の女性に、ついにこっそり、私たちの実習中にあったことを話しました。

しかし、上からの回答は「今までのことは今までのこと。今はあなたが担当している業務なんだから、あなたが遅れを取り戻すように努力しなければいけない」と、先輩にはお咎めはほぼなく、結局は私一人で全部背負うことになりました。

辞めたかったです。ですが、ずっと両親に心配をかけてきて、今回引っ越すときも資金援助をしてくれた両親に頭下げて帰るわけにいかないし、これから私がもっと頑張ったら、いつかきちんとできるようになる、と、自分の力不足だと言い聞かせて、年明けまでなんとか続けました。

しかし、数十社ある支社、支店の資料の作成のほかに、お昼は会社から支給されるお弁当だったのですが、それを社員の方皆が食べれるように準備をしてお茶を入れる、来客があったら対応、電話も対応。

さらにはいくつもの支社、支店の手書きで送ってくる書類の間違いの多さをチェックするのも一苦労で、やってもやっても終わらず、9時から3時45分までの勤務時間でしたが、私一人、8時過ぎまで残って作業することもありました。勿論サービスです。こんな瀕死の状態で作業をしていると、またミスにつながり、悪循環の繰り返し。。

そんな中、1月中旬ごろ、社長から「あなたは今の仕事に向いてないんじゃない?」と、話がありました。私が精神障害者であることから私にはやんわりといわれましたが、実習として送り込んだ会社の担当にはもっとストレートに、いわゆる「クビ」というような話があったようでそちらからも話がありました。しかも即日でも可能と。

が、もちろん私は黙っているはずもなく、「即日解雇は違反だ」と、「労基に行きます」と社長秘書に伝え、会社に行っては早退し、働きたい姿勢を見せながら、たくさんの人に相談しました。本当は自分もいっぱいいっぱいで辞めたいはずなのに。ただやはり生活がかかっているため、その時は必死でした。

ただ会社の中にはワンマン社長の良くないところをよくわかっている方も何人もいて、そういった方にも相談したところ、「じゃあ隣の工場に来て働けばいいじゃん」と、今まで働いていた本社の隣にある工場に異動という形で2月から働かせてもらうことになりました。

社長からは一枚の就業契約書を渡されました。この会社では、こういった書類を双方が持つのではなく、会社のほうが一方的に持っている形になるので、今度は何かあった時のためにと、携帯で写真を撮っておきました。

この異動も、まだ事務職のほうの契約期限中のことなので、詳しいことはわかりませんが、労働基準からみたら、正しくはないことだと思います。

そして、さあ工場のほうで働くことになりました。これまたふたを開けてみたら、就業契約書に書いてあることとは全然違うことが多々あり、就業時間は13時30分から19時となっていましたが、実際働けたのは16時、遅くても17時半まで。

更にはこの工場では幼稚園や学校、会社などの給食を届け、下げてきたものを洗浄しているのですが、幼稚園や学校が休みの間は、工場も仕事がないので、休みになるのです。

特に、工場の中に一台の洗浄機械があるのですが、その機械をいじれない新人は春休み、夏休み、冬休みと多いときで3週間も出られないのです。

しかもその機械をいじる前の工程をしっかり覚えてからでないと機会をいじる作業に携われないため、結局はいつまでも教えてもらえず、「もう1か月たったな…」という頃に工場の責任者に声をかけてもらい、一度だけ機械の作業をさせてもらいましたが、「あんたじゃ遅くて仕事にならない」と一発でいわれ、その後コツも何も教わることなく、結局私は機械をいじることはできませんでした。

そのことも書類には書いておらず、口頭でも言われることがありませんでした。おそらく、ただでさえ人がいないのに、それを言ったら辞めてしまう恐れがあったからでしょう。

結局、その工場で働いても生活するには全く足りず、私が障害のない健康な体であれば、もう一つ仕事を見つけて働くこともできましたが、私にはできないので、結果、実家に戻ることになりました。

実家から1時間以上かけて交通費かけて、洗浄作業とはいえ、「皿洗い」です。臭くて汚くて、手は強力な洗剤や塩素、アルコールで指の皮が全部剥け、手の甲も真っ赤に腫れあがるほど荒れました。

ゴム手袋をしていても、すぐに穴が開くのか中に水が入ってきて、その上汗をかくのでハンドクリームでは全く役に立たず、病院に通わなければいけないほどになりました。父には「労災じゃないのか」と騒がれるほどです。

真っ赤に腫れあがった手を見ては悲しくなり、「私はパソコンのために手を使いたいのに」と、モチベーションは下がり、なんのために働いているのかわからなくなってきて、ついに退職することにしました。

この8か月間、本当に激動の渦に巻き込まれ、とても辛かったです。辞めたいとは思っても、必死さがそれにふたをしてここまでやってきた自分を、少しは褒めてもいいのかな、と思いたいです。

 - 辞めた理由 ,

あなたはこの人の仕事を辞めた理由、辞めたい理由をどう思いますか?率直なご意見を是非お聞かせください。気軽にコメントを書き込んで頂けると幸いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
【事務】ごめん、今日エステの予約入ってたから出勤代わってもらっちゃった【20代後半】

職種:人材育成に関わる事務 年齢:20代後半 私が勤めていた会社は家族経営の会社 …

no image
【美容】シャツにシワがついていただけで給料から15,000円引かれた【30代前半】

職種:美容業 年齢:30代前半 仕事の勤務時間や給料での不満はあまりなかったので …

no image
【事務】新卒だからといって誰かに仕事のやり方やノウハウを教えてもらえるというわけでもありません【20代後半】

職種:事務 年齢:20代後半 私が新卒で初めて入社した会社の話です。その会社は海 …

no image
【ホテル】必ずといっていいくらい同じ信号あたりで腹痛が始まり、お腹が下ってしまうのです【30代後半】

職種:結婚式、観光、ビジネス客用のホテル (受付、案内業) 年齢:30代後半 私 …

no image
【小売業】年功序列を大事にしている店の体制に空しさを感じました【20代前半】

職種:小売業 年齢:20代前半 人と接するのが好きで働こうと決めた小売業でしたが …

no image
【看護師】私は患者を死ぬまで見捨てるために看護師にはなったわけではない【30代前半】

年齢:30代前半 職種:看護師 34歳の時 看護師で病院の病棟に働いていました。 …

no image
【WEBデザイナー】全く関係のない仕事ばかりをやらされた【20代前半】

職種:WEBデザイナー 年齢:20代前半 まず、その会社に入って驚かされた事が、 …

no image
【警備員】あなたの現場に回したけど1時間位しか頑張れないというから、17:00までには現場に戻ってきて【30代後半】

職種:警備業 年齢:30代後半 これまで、色々な仕事をしてきましたが、一番、うん …

no image
【秘書】会社自体のレベルが低いと感じるようになった【30代前半】

年齢:30代前半 職種:秘書 私が会社を辞めたいと思ったのは、30才の頃でした。 …

no image
【印刷】簡易の防毒マスクはしていますが、隙間からいくらでも揮発性の気体がはいりこんできます【40代後半】

職種:印刷工 年齢:40代後半 印刷はシルク印刷です。工場内には横にながく6台の …