シゴヤメ

仕事を辞めたい人達の相談所

【編集】もうあの地獄のデスマーチを続けなくていいかと思うと心底ほっとした【30代後半】

      2015/04/16

職種:雑誌編集
年齢:30代後半

残業代のカットで社員の不満が上昇

私が勤めていたのはとある中堅の出版社でした。担当していた業務は毎月刊行する雑誌の編集・記事作成全般です。仕事はとてもやりがいがありました。自分の夢でもあった業務ですので常に全力疾走で取り組んでいたわけです。

しかし、残念なことに30代後半で会社を辞めることになりました。出版というのは斜陽産業です。販売部数や会社の業績というものが編集部にも重くのしかかってきます。まず最初に断行されたのが残業代のカットです。

編集はほとんど家に帰れない業務でしたので残業代はたっぷり付きました。給料の半分が残業代だった月もあるほどです。これが40時間以上はすてべカットされることになったのです。月の平均残業時間は150時間を越えていました。

いきなり残業代が100時間以上も削られたわけで編集業務に携わる全社員が一気にやる気をなくしたものです。それでも世間は不況の真っ只中だったので誰もぐっと我慢して業務に打ち込みました。

会社の無慈悲な攻撃、その名も派遣切り

次に会社が下した決断は人員の整理です。これは正社員をどうこうするのではなく編集部で働いていたアルバイトや派遣をごっそり削るものでした。正直これにはまいりました。編集業務というのは簡単に身に付くスキルではありません。

アルバイトにしても勤続何年のベテランで、業務量も正社員に匹敵します。当時編集部は7人体制で動いていました。編集長、副編集長、社員3人(私含む)、そしてアルバイトと派遣が1人づつです。

刊行していた雑誌は200ページほどの専門誌で、これを7人で手分けして作っていたわけです。そこにきて突然2人も減らされたことで1人頭の負担が跳ね上がりました。

当然部員は編集長になんとか上と談判してくれと詰め寄りますが結果は変りません。編集部内の不満はグングン高まりながらも、皆が身を粉にして業務をこなしたわけです。

業務はブラック、そして破局はやってきた

編集業務と言われると何となくかっこよく聞こえますが、その内実はブラックそのものです。締め切りが近くなれば家に帰れないのは当たり前、会社に3日4日と泊まり込むことになります。疲労の局地で皆が死んだように自分の机に突っ伏します。

締め切り間際の編集担当には寝ている余裕なんてないのです。最後の入稿作業が終わると誰もが机や床で泥のように眠りにつきます。そうした体力と精神力の極限に挑むような業務が延々と繰り返されるわけですが、人間には限界があるのです。

その時も締め切りに追われ、熱っぽい身体に鞭打って業務をこなしていました。そんな時、突然耳が聞こえなくなったのです。医師にはストレス性の突発性難聴と診断されました。

音が少し聞こえるようになると今度は音割れやガシャガシャといった雑音が耳に残るようになりました。とても仕事ができる状態ではありません。その後、私は休職を経て退社することになりました。

身体に異常がなければもっと続けていたかったのですが、さすがにこれ以上は無理でした。会社を辞めたときに不思議と気分は晴れやかでした。もうあの地獄のデスマーチを続けなくていいかと思うと心底ほっとしたものです。

結局のところ会社を辞める最大のきっかけになったのは身体を壊したことです。人間健康であればなんとでもなりますが、一時的でも身体を壊すと後が続かなくなるという苦い教訓になりました。今では難聴も収まりすっかり健康になりましたが、もう一度あの地獄に戻れるかというと怖気づいてしまいます。

 - 辞めた理由 ,

あなたはこの人の仕事を辞めた理由、辞めたい理由をどう思いますか?率直なご意見を是非お聞かせください。気軽にコメントを書き込んで頂けると幸いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
【SE】40歳を過ぎると長時間労働はさすがにしんどいです【40代後半】

職種:システムエンジニア 年齢:40代後半 大手ソフトウェア開発会社に新卒で入社 …

no image
【事務】必要経費な文具用品にはお金を出さず、接待と言う名目で飲み食いした領収書を処理【40代前半】

職種:営業事務員兼総務事務員 年齢:40代前半 私が仕事を辞めたいと思うようにな …

no image
【飲食】私と上司ができていて離婚になったのではと噂されはじめました【20代前半】

職種:飲食 (飲食事業部) 年齢:20代前半 私は、雑貨のデザインや製造ラインな …

no image
【ホテル】長時間の労働と直接は関係のない人の悪口を聞かされ、だんだんと仕事に行く事が嫌になっていきました【20代前半】

職種:ホテル調理師 年齢:20代前半 専門学校を卒業して就職した会社が今で言うブ …

no image
【印刷】課長の言ったことを信じて頑張ってきたのに給与も等級も変わりませんでした【20代前半】

職種:印刷業 年齢:20代前半 率直に言うと、給料が上がらず昇進の望みもなかった …

no image
【事務】風邪薬は自席でなく隠れて飲んでね。というか風邪ひいてるならみんなにうつるし休んだら?【20代後半】

職種:総務事務 年齢:20代後半 とある派遣会社に入社したのは25歳の頃。正社員 …

no image
【秘書】退院後も、会社のせいだとか、あの人が原因で病気になったのだと決めつけていました【30代後半】

職種:外資系秘書 年齢:30代後半 病気で2週間ほど入院することになったのがきっ …

no image
【医療】「患者さんの為に」ということを暗に強制してくる同僚医師や看護師の圧力、世間からの目がある【30代前半】

職種:医師 年齢:30代前半 医師という仕事はなかなかに激務であるという話はある …

no image
【プログラマー】対人関係に常に気を配るという環境から解放されたいという気持ちが強かった【40代後半】

職種:システムエンジニア/プログラマ 年齢:40代後半 30代後半に体調を崩し始 …

no image
【美容師】給料が30万を越えても勉強代を含めて2/3は飛んで行きます【20代後半】

年齢:20代後半 職種:美容師 仕事を辞めたいと思った理由は、実際と夢は大きく違 …