シゴヤメ

仕事を辞めたい人達の相談所

【工場】おじさん!なんでこんな所で仕事してんだ!ボーとしてんじゃないよ!【40代後半】

      2015/01/06

職種:工場勤務
年齢:40代後半

私は以前、小さな広告代理店に勤務していましたが、不況のあおりと放漫経営がたたり倒産。突然職を失いました。しかたなく職安で仕事を見つけ、ある大手の工場勤務を始めたのですが、それが私を精神的に苦しめる結果になりました。

慣れない工場での作業。なれないヘルメットを被って、なれない作業服を着て・・・。それでも最初の頃は現場のスタッフも私のことをお客さん扱いで割りと快適だったのですが、それが日増しに変化していったのです。

もともと、広告代理店とはかけ離れた場所。作業員休憩所でのみんなの会話についていけません。パチンコで勝った、負けたの話や競艇で10万円負けたとかの話ばかり、私はだんだん一人になっていきました。

工場の作業は基本的にグループ作業、職長の命令に従って班ごとに動きます。ですからチームワークがとても大切なのですが、日頃から雰囲気に溶け込んでいない私はいつも、のけもの状態。ついついみんなと距離をおいて作業するくせがついてしまいました。

そんな、チームと離れて働く私を見て、職長が怒ります。「おじさん!なんでこんな所で仕事してんだ!ボーとしてんじゃないよ!」ってね。私は確かに50前のおじさんですが、30そこそこの若造におじさん呼ばわりされる憶えはありません。ですが職長は職長なので、怒鳴り返してやりたい気分を必死に抑えて、従うしかありません。

その頃になると私の中にストレスが溜まり、会社に行くのが嫌でしょうがありませんでしたが、なんとか私の心を繋いでいたのは、生活のため家族のために働くという切迫した気持ちだけでした。

そんな気持ちで仕事をしていると注意散漫な状態になります。職長や同僚が言う言葉に対し「ハイ」とは答えるものの、今なんと言われたのか内容の半分も把握できません。あげくはとんでもない見当違いなことをやってまた怒られる。こんなことの繰り返しです。

私の仕事を辞めたいと思う気持ちを決定付けたのはある事件がきっかけでした。ある日私は巨大なボイラーの点検作業を行っていました。地上3メートルほどの高所作業です。ですがちゃんと足場には落下防止の手すりも取り付けてあって、安全を確保した上での作業のはずだったのですが、なんの拍子か私は足を滑らせてしまい、手すりにつかまろうしたのですが、その手すりが突然外れて落下してしまったのです。

コンクリートの床にたたきつけられました。幸いにも高さ3メートルと比較的低い場所からの落下だったので左足を骨折した以外命にかかわる事故ではなかったのですが、これが安全第一、無事故ゼロを宣言する工場側にとっては大問題なのです。知らせを受けて労働基準監督署が入り警察も呼ばれます。そして、職長、上長の責任問題。

そして私には労災が適応され、1ヶ月ほど会社を休んだのですが、久しぶりに出勤した私を若い班長が呼びつけました。

「あんた、安全帯しとらんかったやろう。」(安全帯とは金属製のフックがついた腰紐のことで、高所作業の際には必ずフックを手すりにかけて作業するよう義務付けられています)

「そのことは労基には隠し通したけど、どれだけみんなに迷惑かけたか判るか?工場のゼロ災記録も消えてしまったやないね」

その後は班のみんなの私に対する態度がさらによそよそしくなりました。工場にも居ずらくなってしまい。「辞めたい!」と本気で思うようになってしまったのです。

 - 辞めた理由 ,

あなたはこの人の仕事を辞めた理由、辞めたい理由をどう思いますか?率直なご意見を是非お聞かせください。気軽にコメントを書き込んで頂けると幸いです。

Comment

  1. ゆっこ より:

    こんにちは。
    私は50歳のおばさんです。工場経験0と言う位です。しかし、仕事を探してたら夜勤で週4日勤務、給料は20万と言うのが魅力で、工場で働きだし1か月経ちました。ライン作業で、最初に付いた所でエラーばかり出して、その都度『すいません、エラーを出してしまいました』とリーダーを呼ばなくてはいけませんでした。休憩室では、若い子達が多分ですが、私の陰口を言っているのが聞こえ、2日目で場所を変えて貰える様にリーダーにお願いしました。その事が気にいらなかったのか、おばさんだからなのか、色々無視されます。今日は8月の出勤表を見たら、ライン順で書いてあるはずの名前に私は1番最後でした。ライン順だと、16人いて、私は5番目です。
    他の人はライン順通りでした。
    何の嫌がらせなのか、若い子にはニヤニヤしながら教えたりもしてます。
    悩み過ぎて、胃が痛くなったりします。辞める事も考えたりもします。
    ただの私の考え過ぎなんかなって思いながら出勤してますが、日に日にやっぱりそうかもの方が強くなってます。
    すいません愚痴になってますね。
    貴方の気持ちわかります。中年が働く事ってそんなにダメな事なんでしょうかね?働く意欲は、若い子達と何ら変わりないのに。
    必要とされない自分が嫌になってしまいますよね。
    また今日も仕事…(>_<)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
【不動産】古い体質で、年功序列な上に上司が怒鳴ったりと横暴な部署も有ります【30代前半】

職種:不動産系総務事務職 年齢:30代前半 仕事を辞めたいと思った理由は、勤務地 …

no image
【制作】人は疲れ切ってしまうと、本当に意欲がなくなるという事を身を持って体験した【30代前半】

職種:広告会社 クリエイター 年齢:30代前半 以前勤めていた会社は、社員7名ほ …

no image
【事務】この会社の社員はいくら仕事を前向きにこなそうとしても評価してくれない【20代後半】

職種:事務 年齢:20代後半 派遣で通販系旅行会社に勤めていた時のことでした。私 …

no image
【ヘルプデスク】一ヶ月で6枚のA4用紙を読んでいるだけではやりがいもない【20代前半】

職種:ヘルプデスク 年齢:20代前半 私が勤めていたのは、会計ソフト会社のヘルプ …

no image
【医療事務】最も嫌なのは患者の立場に立てない医者及び看護師がいかに多いことかと思う時です【30代後半】

職種:医療事務 年齢:30代後半 国家資格をもっている人達と働くのは大変だと痛感 …

no image
【福祉】もともと人見知りで、悩みを打ち明けたりすることが苦手な性格であった私【20代後半】

職種:福祉施設職員 年齢:20代後半 私は以前、子どもたちが通うデイサービスに、 …

no image
【コンビニ】高校生や大学生といった夕方から入れるアルバイトは本当にすぐに辞めてしまうことが多かった【20代前半】

職種:コンビニ店長 年齢:20代前半 自分は過去にコンビニで店長をしていましたが …

no image
【美容師】服や化粧品にかけられるお金はほぼ全くありません【20代前半】

職種:美容室アシスタント 年齢:20代前半 美容専門学校を卒業後新卒で入社した美 …

no image
【不動産】上司に言っても仕事をあたえてくれる訳ではなく、自分で仕事を探せと言われる始末【20代後半】

職種:不動産事務職 年齢:20代後半 上司が私に対してだけ厳しく、人格を否定する …

no image
【塾講師】辞める決定打になったのは当初の雇用契約で22万だった給与が16万にまで落ちたことです【20代前半】

職種:学習塾講師 年齢:20代前半 過去に勤めていた学習塾で本当に起きた出来事で …