シゴヤメ

仕事を辞めたい人達の相談所

【放送】そして私はパニック障害になりました【20代後半】

      2014/11/18

年齢:20代後半
職種:放送

20代、好きなことからつながった縁で憧れの放送業界で働くことになりました。昼夜関係なく忙しい世界だとは知っていたので、ある程度覚悟はしていたつもりでした。

好きなことにかかわれるならば、お給料が安いことも、いつ切られるか分からない先の見えない非正規雇用であることも、目をつむることができました。今考えると若さゆえできたことだと思います。

片道2時間かけての通勤に加えて終電で帰る毎日。それだけで徐々にストレスは溜まっていきました。

また、業種的に自分のセンスを信じている「こだわりの強い」人が多く、さらにタイトスケジュールで作業を進行することが多いからか、その自分の指示を何が何でも通すため、ちょっとありえないくらい直接的でキツいものの言い方をする人もいました。

ある時期に直属の上司になった女性の指示の仕方がまさにそれで、毎日、私は朝になると下痢をするようになりました。それで少し、会社を辞めたいと思うようになりました。

でも、それくらいの厳しさは仕事をしていれば多かれ少なかれあることです。生涯で憧れの仕事に就ける人はたぶん一握りだと思い、なんとか我慢して頑張りました。

その頃、私と同じ部署に、自分が一番でなければ気が済まず、「自分が一番仕事ができる!周りが仕事できなすぎて困る!」など、私含め同期への誹謗中傷を他部署や他社取引先に公言して回る勘違い女がおり、私のストレスはマックスになりました。

俯瞰的に見ても、その女はたいして仕事ができるわけでもなく、センスがいいわけでもなく、どんなときでも上から目線なお姫様発言の数々は、他部署でも話題になるほどのものでした。

しかし私はその勘違い女と同じ部署で働かなければならず、いちいち見下した態度をされ続け、はらわたが煮えくり返るくらいの腹立たしさで本当に仕事を辞めたいと思いました。

それでも、私を心配してくれる人はいました。ある日、そんな私を心配して来てくれた他部署の女性が私の話を聞いてくれていた時、そのキツい物言いの上司から「うるさい」と言われました。

さらに「○○さん(勘違い女)の作業の邪魔になるから静かにして」と続いたときに、この部署は公平な目もなく、血も涙もない部署であることを実感し、人として終わっている!と絶望的な気持ちになりました。

そして私はパニック障害になりました。そんな人たちのせいで会社を辞めるのは悔しすぎましたが、私の体は悲鳴を上げており、物質的に働けなくなりやむを得ず退職しました。

うつ病も併発し、社会復帰なんて考えられない状態でした。それから3年ほどまともに仕事ができませんでした。

現在は短時間パートやクラウドワーキングで、なんとか働いています。生活は非常に厳しいです。でも「よく今生きてるなぁ」と、ささやかながら自画自賛します。
会社を辞めたいという人の多くが「人間関係」という理由をあげます。

それに対して他者が「そんなことで辞めるなんてもったいない!」などのと軽々しく言うのは、あまりに無責任だと思います。人間関係は人の命にかかわる問題だと身を以て体験したからです。

 - 辞めた理由 ,

あなたはこの人の仕事を辞めた理由、辞めたい理由をどう思いますか?率直なご意見を是非お聞かせください。気軽にコメントを書き込んで頂けると幸いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
【ホテル】それは酷い話しだ!辞めて行った人間を頼って、今いる人間を無下に扱うなんてろくな会社じゃない、辞めていい!【20代後半】

職種:ホテルレストランサービス 年齢:20代後半 ホテルで働くことは幼いころから …

no image
【金融】上司からの答えは「とにかく、はいはい。と聞いて謝っておけ。」【30代前半】

職種:金融機関 年齢:30代前半 私は、窓口で受付事務の担当をしていました。お客 …

no image
【幼児教育】手を差し伸べてくれる人がいない【20代後半】

職種:教育関連会社勤務 年齢:20代後半女性 教育関連の仕事を5年勤め、それから …

no image
【エンジニア】英語に自信がないのに初めて取引をする海外の会社に4週間も行かなくてはならない【40代前半】

職種:サービスエンジニア 年齢:40代前半 今の仕事を入社以来ずっと続けてきまし …

no image
【プログラマー】そんな状況でいいものができるとはとても思えない。会社に対して、ものすごい不信感を抱きました【30代後半】

職種:プログラマー 年齢:30代後半 医療システムの導入、開発をメインとしている …

no image
【美容師】美容道具は全て自分で購入しなくてはならないので、毎月赤字、ギリギリの人がほとんど【20代前半】

職種:美容師 年齢:20代前半 私は20歳から25歳までの間、美容師として働いて …

no image
【新聞配達】様々な人々との交流を思い出すと新聞配達なんてちっぽけだと考えるようになってしまう【20代前半】

職種:新聞配達員 年齢:20代前半 私は高校卒業後の18歳から現在まで新聞配達を …

no image
【医療】書面一つ持っていくのもお伺いの電話を立ててからなど、とにかく根回し根回し【20代後半】

職種:医療秘書 年齢:20代後半 もともと一般の会社で秘書をしていたのですが、2 …

no image
【営業】公休日は設定されていましたが、あってないようなもの【20代後半】

年齢:20代後半 職種:広告代理店営業 私は現在、広告代理店の営業事務職をしてい …

no image
【受付】自分には存在価値がないように思えてしまったことも大きなストレスでした【20代後半】

職種:受付 年齢:20代後半 地方空港の案内所で受付の仕事をしていました。1年ほ …